アニマルニュース

犬、猫など動物関連のニュースを紹介
 
 
近所の野良猫
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホタルは人工光が苦手 一部のLED照明が産卵阻害か /国立環境研究所 

1 :白夜φ ★ 投稿日:2009/03/30(月) 23:44:32 ID:???
<ホタルは人工光が苦手 一部のLED照明が産卵阻害か>

132-001-1.jpg 
ゲンジボタルの成虫。ホタルにとって自らが出す光はコミュニケーションなどに重要だとされる(国立環境研究所提供)
132-001-2.jpg 
光害がホタルに与える影響の実験装置(国立環境研究所提供)



発光ダイオード(LED)照明の中には、ごく弱い光でもホタルの産卵や幼虫の行動に悪影響を与えるものがあることが、国立環境研究所生物圏環境研究領域の宮下衛さんの実験で30日、明らかになった。

影響が大きい波長の光は、照明や街灯などにも使われており、すでにホタルの繁殖に悪影響を与えている可能性もあるという。

宮下さんは、成虫の飼育装置を箱で覆って暗くし、人工的に昼夜をつくった環境で飼育。
「夜」の間に五色のLEDランプで照らした場合と暗いままの場合の産卵とふ化を比較した。

受精卵を産んだゲンジボタルは、暗いままの場合は80%だったが、黄色のLEDでは0・1ルクスでもゼロになり、赤のLEDでは10ルクスで20%に低下した。
雄と雌は自らの光でコミュニケーションを取るが、LEDの光によって妨げられ、交尾できなかったらしい。

▽記事引用元:産経ニュース



続き →
スポンサーサイト

世界最小クラス 新種のカエル発見 /ペルー 

 1 :おっおにぎりがほしいんだなφ ★ 投稿日:2009/03/27(金) 16:24:13 ID:???

131-001.jpg 

世界最小クラスのカエルの新種が、世界最大の山脈の中で見つかった。

カエルが発見されたのは、南米ペルーを貫くアンデス山脈南部の県都クスコにほど近いコスキパタ渓谷(Cosqipata Valley)上流だ。
高度3025~3190メートルに広がる雲霧林の落ち葉の中で、硬貨ほどの大きさの生物が潜むのを研究チームは見逃さなかった。
調査の結果、ノブレルラ(Noblella)属の新種のカエルであることが判明した。

今回の新種で最も特徴的な部分は、やはりその大きさ(小ささ)であるという。
メスは成長しても最大で体長12.4ミリ、オスは11ミリほどにしかならない。
今回の最新研究は、「Copeia」誌2月号に掲載されている。

研究チームの一員で、カリフォルニア大学バークレー校の博士課程大学院生アレッサンドロ・カテナッツィ氏は、「特に驚いたのは、これほど小さなカエルがこのような高地で生息していたことだ」と話す。
通常は、高度が増すにつれて動物の体も大きくなるといわれている。


ソース:ナショナルジオグラフィックニュース



続き →

卵を必死で守るドンコ /岐阜県各務原市・河川環境楽園 

1 :|ー゜)ノおやつφ ★ 投稿日:2009/03/27(金) 23:34:20 ID:???

130-001.jpg 
黄色い小さな卵を守るドンコ(右上)。アブラハヤ(中央下)が卵を狙っている

各務原市川島笠田町の河川環境楽園・木曽川水園で、淡水魚「ドンコ」が卵を守る姿が観察できる。卵は、来園者用に設置された観察窓近くに産み付けられたため、雄が必死にほかの魚を追い払う貴重な姿が見られる。

ドンコはスズキ目ドンコ科の魚で、川の上・中流域に生息。雌は川底にある石の下などに直径約1ミリの黄色い無数の卵を産む。雄は孵化(ふか)するまで、卵近くで縄張りをつくり、胸びれで卵をなでるなどして藻が付かないようにしたり、水をあおいで酸素を送る。

同園では今月中旬、観察窓から見やすい水面近くの石に雌が産卵。体長約13センチの雄が卵の近くを離れず、卵を食べようとするアブラハヤから守る子育ての様子がガラス越しに観察できる。

同園によると、産卵から約2週間程度で孵化するため、月内は観察が可能。
同園自然発見館の原裕二さんは「卵を守る魚とそれを食べる魚など、自然界の生態系がよくわかる光景」と話している。

卵を必死で守るドンコ 河川環境楽園で観察 岐阜新聞 Web

河川環境楽園


続き →

ブサカワイイ「わさお」に新居プレゼント、誘客に貢献と /青森県鰺ヶ沢町 

1 :かなえφ ★ 投稿日:2009/03/25(水) 08:22:36 ID:???

129-001.jpg 
プレゼントされた新居の前で、飼い主の菊谷さんに甘える「わさお」

 インターネット上で「不細工でかわいい」と評判になり、各地から訪れる人が後を絶たない青森県鰺ヶ沢町の人気者・秋田犬「わさお」に24日、町観光協会から新居と食費がプレゼントされた。

 新居の“わさおハウス”は、全国に「鰺ヶ沢」の名前を広め、冬場の誘客に大きな役割を果たしたわさおの功績に対し、町内有志が廃材などを利用して自作。体長約1メートル、体重40キロ・グラムのわさおがゆったりできる大きさだ。

 同協会は昨年12月から、わさおをデザインしたTシャツも作り、これまで約600着を販売。この売り上げの一部3万円を食費として、飼い主で焼きイカ店を営む菊谷さん(66)に手渡した。

 贈呈式で同協会の杉澤会長は「わさおには感謝したい。わさおを見習って、私たちも頑張りたい」とあいさつ。
わさおに代わって、菊谷さんが「町のために少しでも役立てばうれしい」と答えた。

▼読売新聞

わさお通信:今日のしっぽ



続き →

カンムリカイツブリの求愛行動 琵琶湖で舞う恋のダンス 

1 :やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2009/03/24(火) 11:44:58 ID:???

128-001.jpg 
水草をくわえ立ち上がり求愛行動するカンムリカイツブリ=23日午前、滋賀県湖北町の琵琶湖岸で

春を迎えた滋賀県湖北町の琵琶湖岸周辺で、カンムリカイツブリの求愛行動が始まった。

体長60センチほどで、カイツブリ科の中では最大。頭の黒い冠のような羽根と、首の襟巻き状の赤褐色の飾り羽を立て、首を大きく振ったり水中から水草をくわえて立ち上がったりと、踊るように求愛している。

同町の湖北野鳥センターによると、6月ごろに産卵する。
7月ごろには親鳥がヒナを背に乗せて子育てする光景が観察できる。

ソース


続き →

ゴマフアザラシ赤ちゃん誕生 真っ白な産毛に黒い瞳 /山形県鶴岡市立加茂水族館 

1 :(。・-・)。ρ ★ 投稿日:2009/03/22(日) 16:30:42 ID:??? ?PLT(12346)

127-001-1.jpg 
出産を終えたゴマフアザラシのマルコ(左)と赤ちゃん

 山形県鶴岡市立加茂水族館のゴマフアザラシ「マルコ」(18歳、メス)が、赤ちゃんを出産した。真っ白な産毛に包まれ黒い目を輝かす姿に、来館者から「かわいい」と歓声が上がった。

 同水族館によると、マルコが出産した赤ちゃんは11頭目。マルコは20日夕から出産の兆候があり、21日朝に職員が出産を確認した。赤ちゃんの性別は不明で体長約80センチ、体重約8キロ。

 昨春は雌雄各1頭が誕生したが、今春は2月21日に1頭が死産したため、誕生するのはこの1頭のみという。今後、約1か月で体重が誕生時の2、3倍にまで増え、白い産毛も抜け落ち、成獣と同じ灰色っぽいまだら模様の毛に生え替わる。

 赤ちゃんはこの日、マルコのそばに寝転がって顔を近付けたり、おっぱいを飲んだりと愛くるしい姿を見せ、来館者から「こっち向いて」といった声が上がっていた。同水族館は、性別が判明した後に名前を募集することにしており、「元気に成長し、人気者になってほしい」と話している。

読売新聞

鶴岡市立加茂水族館
127-001-2.jpg 
127-001-3.jpg 




続き →

モモンガ 体育館を巣に作り住みつく /北海道・羅臼 

 1 :bbtec.net規制中@特亜の呼び声φ ★ 投稿日:2009/03/22(日) 09:35:26 ID:???

126-001.jpg 
体育館のコンクリート壁の穴から顔を出すエゾモモンガ


 根室管内羅臼町栄町の町民体育館の壁の穴にエゾモモンガがすみついている。夜になると、野鳥の餌台に姿を見せ、つぶらな瞳で愛嬌(あいきょう)を振りまいている。

 地上から約三メートル、コンクリートの壁が欠けて直径五センチほどのくぼみになった部分をすみかにしている。体育館の職員によると、十年ほど前から姿を見るようになったという。

 警戒心が強いエゾモモンガは深い森の高さ三メートル以上の樹洞などを巣にすることが多い。森のそばとはいえ、人の出入りする場所にすみつくのは珍しい。

 日没になると、野鳥が食べ残したヒマワリの種につられて餌台に姿を現す。二十日夜、バレーボールの練習後、体育館の窓越しにモモンガを観察した金沢さん(9つ)は「目がクリクリでとってもかわいい」と、喜んでいた。

▲北海道新聞2009/03/22 07:30



続き →

マイワシ5万匹乱舞、銀色の渦がきらきらと /横浜・八景島シーパラダイス 

1 :OH!! グレートセントーラルー!!φ ★ 投稿日:2009/03/21(土) 10:03:04 ID:???

125-001.jpg 
海で繰り広げられる自然の姿を再現した展示


 横浜市金沢区の横浜・八景島シーパラダイスで、マイワシ約5万匹が迫力の大群泳を見せる「スーパーイワシイリュージョン」が20日から始まり、家族連れら約1万人でにぎわった。

 水深8メートルの大水槽では、マイワシの外敵のアオリイカやサメなど30種1万匹も泳ぐ。
音楽と照明の中、マイワシの大群が銀色のうろこを光らせて一つの巨大な生き物のように泳ぐ様子は幻想的。家族4人で訪れた同市栄区の小学校3年小塚くん(9)は「イワシの群れがきらきら光って、銀色の渦みたいできれい」と興奮して話した。

読売新聞 (http://www.yomiuri.co.jp/index.htm)2009年3月21日

横浜・八景島シーパラダイス


続き →

ホッキョクグマの双子、初公開 /札幌・円山動物園 

1 :やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2009/03/19(木) 10:58:29 ID:???

124-001.jpg 
公開されたホッキョクグマの双子と母親ララ


 札幌市の円山動物園は19日、昨年12月に誕生したホッキョクグマの双子を報道陣に公開した。
性別取り違えで有名になったツヨシ(メス、5歳、釧路市動物園)と、ピリカ(同、3歳、おびひろ動物園)のきょうだい。
20日から一般公開する予定で、愛くるしい姿が人気を集めそうだ。

同園によると、双子はいずれも体長約60センチ、体重は推定10キロ。ぎこちない足取りで雪のスロープを滑ったり、じゃれ合ったり、元気いっぱい。母親ララ(14歳)に甘え、おっぱいを飲む姿も見せた。

国内でホッキョクグマの双子が無事に育って公開されたのは、大分県別府市の別府ワンダーラクテンチで94年に生まれたララとルル(メス、14歳、旭山動物園)以来だという。

円山動物園は近く双子の体毛をDNA鑑定して性別を調べる予定だが、誤認騒動の後だけに「確定までには1年以上かかる場合がある」と慎重な姿勢だ。

asahi.com

円山動物園




続き →

ウミネコ 「ミャーミャー」鳴き声響かせ飛来 /八戸市・蕪島 

1 :OH!! グレートセントーラルー!!φ ★ 投稿日:2009/03/19(木) 13:03:47 ID:???

123-001.jpg 
青空の下、蕪島の周囲を一斉に舞うウミネコ


 ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている青森県八戸市の蕪(かぶ)島に今年も多くのウミネコが飛来し、「ミャー、ミャー」という鳴き声を響かせている。

 第二次大戦中、旧日本軍による埋め立てで本土と地続きになった蕪島では、ウミネコが漁場を知らせてくれることから大切にしており、繁殖地をフェンスで囲んで保護してきた。
「ウミネコ繁殖地蕪島を守る会」の岡元正光さん(83)によると、今年の初飛来は例年より約2週間遅い2月中旬。3月に入って順調に増え、現在では例年並みの3万羽近くに達している。
産卵が始まるのは4月中旬。5月後半にはヒナが誕生し、島は一層にぎやかになる。【手塚耕一郎】

毎日jp (http://mainichi.jp/)2009年3月18日





続き →

まんまるふわふわ、フウセンウオの稚魚 /稚内市立ノシャップ寒流水族館 

1 :やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2009/03/18(水) 10:23:39 ID:???

122-001-1.jpg 
水族館で生まれたフウセンウオ=稚内市立ノシャップ寒流水族館

北海道稚内市立ノシャップ寒流水族館で、同館で生まれたフウセンウオの稚魚が展示されている。

 フウセンウオはオホーツク海など寒い海に生息する魚。稚内市沖で捕獲した親が昨年5、6月に産んだ卵などから生まれた稚魚が1、2センチほどに成長し、オレンジや赤の丸い体を震わせながら水槽のなかをふわふわと漂っている。

 同館によると、フウセンウオの展示や繁殖の成功例は珍しく、産卵数や寿命など生態は謎だらけだという。非公開の水槽では今年も繁殖行動を見せている成魚がおり、展示を続けながら生態の解明を目指すという。

■asahi.com(朝日新聞社)

■稚内市立ノシャップ寒流水族館
 かわいい 〈 フウセンウオ 〉 が仲間になったよ!
 稚内市寒流水族館で孵化したフウセンウオ
 フウセンウオ 育成の様子

122-001-2.jpg 
122-001-3.jpg 

続き →

チーターの「かわいい七つの子」 /九州自然動物公園 

1 :かなえφ ★ 投稿日:2009/03/17(火) 20:33:26 ID:???

121-001.jpg 
母親のテン(手前の左端)に寄り添ったり、体を寄せ合ったりするチーターの子どもたち


 九州自然動物公園アフリカンサファリ(大分県宇佐市安心院町)は16日、昨年7月に誕生したチーターの七つ子を報道関係者に公開した。

 同園によると、チーターの七つ子は国内では極めて珍しい。生後8か月がたち、環境にも慣れたため、19日から4月上旬まで一般公開する。

 七つ子は昨年7月23日、父ロッキー(4歳)、母テン(5歳)の間に生まれた。雄5頭、雌2頭で、名前はまだない。
生まれた当時はいずれも体長約15センチ、体重300~500グラムだったが、今では体長約70センチ、体重約5キロに成長した。

 子育て中の母親はストレスを感じやすいため、飼育員は餌を与える以外には、なるべく親子に近づかないように気を付けていたという。七つ子は「パドック」と呼ばれる飼育場にテンと一緒に入り、ほかのチーターにも慣れさせるため顔合わせをしたり、運動をしたりしている。

 同園では2005年7月から、チーターの展示を始めた。このうちの1頭がテンで、06年には五つ子を出産した。七つ子の誕生で同園のチーターは23頭になった。

 19日から「草食セクション」出口と「トラセクション」入り口の間の飼育場で公開し、順応できるかどうかみて問題がなければ公開期間を延長する。

 チーター担当の飼育員、川野さん(28)は「生息環境をできるだけ自然に近い状態に整え、ストレスを感じさせなかったことが良かった。子どもたちのかわいらしい姿を見てもらいたい」と話している。

 年中無休。午前9時~午後5時。一般2300円、4歳~中学生1300円。問い合わせは同園(0978・48・2331)へ。



▼読売新聞

アフリカンサファリ

続き →

スキー場にペンギン登場 /上越市 

1 :やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2009/03/09(月) 12:35:07 ID:???

120-001.jpg 
ゲレンデに登場した4羽のマゼランペンギン。珍客にスキー客もびっくり=8日、上越市安塚区の「キューピットバレイ」


ゲレンデは南極の雰囲気―。
上越市安塚区の第三セクタースキー場「キューピットバレイ」に8日、4羽のマゼランペンギンが登場し、スキー客らの目を楽しませた。

やってきたのは、マゼランペンギンの飼育数日本一を誇る同市立水族博物館の4、5歳のオス。2005年から毎年、同スキー場に“出張”している。

ゲレンデに現れた4羽はたちまち注目の的に。
「かわいい」とじっと見つめる子供たちや、携帯電話のカメラで写真を撮る若者たちの視線が集中した。
「マゼランペンギンは警戒心が強い」(同館)といい、4羽は腹ばいになって重なり合うなど、緊張した様子だった。

息子(1才)を抱いて見入っていた上越市板倉区の宮腰さん(32)は「子供も喜んでいるし、スキー場でペンギンが見られるなんて得した気分」と笑顔で話していた。

22日(午前11時―午後2時)にも登場する。


新潟日報

雪だるま高原 キューピットバレイ


続き →

動物の赤ちゃんの写真 

1 :零細企業φ ★ 投稿日:2009/03/13(金) 20:15:47 ID:??? ?2BP(0)


119-001-1.jpg 
北極グマの赤ちゃん。

119-001-2.jpg 
スマトラトラの赤ちゃん。

119-001-3.jpg 
象の双子の赤ちゃん。

119-001-4.jpg 
牛の赤ちゃん。

119-001-5.jpg 
ライオンの赤ちゃん。

119-001-6.jpg 
コアラの赤ちゃん。

119-001-7.jpg 
ジャイアントパンダの赤ちゃん。


 動物好きですか? 好きですよね? どうして動物ってあんなに可愛いんでしょう。
それも、赤ちゃんだったらその可愛さは倍率ドン! さらに倍! です。

 現代社会で疲れ果てているあなたに、ほんのちょっぴりだけ安らぎを与えてくれる動物の赤ちゃんたち。

 ゆっくりとお楽しみ下さい。

ソース



続き →

エゾクロテン 仕草が愛らしい夜の珍客 /北海道・トムラウシ温泉 

1 :OH!! グレートセントーラルー!!φ ★ 投稿日:2009/03/14(土) 21:38:45 ID:???

118-001.jpg 
夜な夜な出没するエゾクロテン


 北海道大雪山国立公園内のトムラウシ温泉(新得町)の国民宿舎東大雪荘に、エゾクロテンが夜な夜な出没している。雪に掘った穴の中から、周囲の様子をうかがう仕草が愛らしい。

 イタチ科のエゾクロテンは体長30~50センチで、道東部や北部の深い森に生息。主にネズミや果実などを食べる。東大雪荘に姿を見せるのは、山にエサが少なくなる冬場だけ。「珍客」の訪問は雪解けまで続くという。【西本勝】

毎日jp (http://mainichi.jp/)2009年3月14日






続き →

吸血鬼のような牙を持つ新種の魚を発見 「ドラキュラ」と命名 ミャンマーで捕獲 

   1 :おっおにぎりがほしいんだなφ ★ 投稿日:2009/03/13(金) 07:11:41 ID:???

117-001.jpg 

ロンドン自然史博物館がミャンマーで捕獲した体長2センチほどの小魚の中に、吸血鬼「ドラキュラ」のような牙の形をした不思議な体組織をもつ新種の魚が混じっていたことが英国王立協会の学術専門誌「Proceedings of the Royal Society B」に掲載された論文により明らかとなった。

ロンドン自然史博物館の研究グループではこの魚は新種のものであることを認定、ドラキュラのような牙をもつことから「ダニオネラ・ドラキュラ(Danionella dracula)」という学名を付けたとしている。

研究グループでは、一見、牙のように見えるが、分析の結果、この牙のようなものは魚の歯を構成する歯髄腔質やエナメル質でできてはおらず、単に体組織によってできた突起物、とした上で仲間のオスに対して攻撃的なディスプレイを行うために、長い進化の系統で体組織がこのような牙のような形に変化したのではないかと述べている。


ソース:technobahn



続き →

カワウソに触れられる特別企画展 /大阪・海遊館 

1 :特亜の呼び声φ ★ 投稿日:2009/03/12(木) 20:20:54 ID:???

116-001.jpg 
パイプの先にのぞくカワウソの小さな手。「発見!体験!ふれあいライブ館」(12日午前9時50分、大阪市港区の海遊館で)


 大阪市港区の水族館「海遊館」は12日、ペンギンやカワウソなどを間近で観察できる特別企画展「発見!体験!ふれあいライブ館」を報道関係者に披露した。一般公開は13日から。

 ガラスの仕切り板を取り除き、イワトビペンギンが岩の上を跳びはねる愛らしい様子を直接見ることができるほか、トラフザメやマダラトビエイなどに手で触れる水槽(水深30センチ)も設置。

 「カワウソライブ」のコーナーでは、コツメカワウソが透明のアクリル製パイプの中を行ったり来たり。毎日午後4時半頃には、岩場のすきまに前脚を突っ込んで隠れた魚類を捕る習性を利用し、水槽の穴を通してカワウソの小さな足先に触れられる。同館は「生き物の動きを分かりやすく見てもらえるよう、今後も展示方法に工夫を凝らしたい」としている。来年1月11日まで。

▲読売新聞(日本語)2009/03/12 18:40

■大阪・海遊館



続き →

野生の母ザルが子に歯磨き指導 タイで確認 /京都大霊長類研究所 

 1 :かえりちりめんφ ★ 投稿日:2009/03/11(水) 00:34:29 ID:???

115-001.jpg 
人の髪の毛を歯間磨きのように使い、子どもに歯磨きを見せる母ザル(京都大霊長類研究所・正高信男教授提供)


 人の髪の毛をデンタルフロス(歯間磨き)のように使うことを覚えたタイの野生ザルの群れで、母親が子どもと向き合いながら大げさな身ぶりで歯磨きのやり方を「教育」していることを、京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)の正高信男まさたか・のぶお教授らが突き止め、米科学誌に十日発表した。

同研究所によると、親が子に道具の使い方を教えるのを野生のサルで確認したのは初めて。

チンパンジーやニホンザルの群れで、シロアリを巣から草で釣り上げたり、イモを海水で洗ったりする行動が広がった例は知られているが、一般的には子が親のやり方を単純にまねていると考えられてきた。

こうした文化的な行動の広まりに、親の積極的な働きかけがあったことを示す成果。正高教授は「人に近い動物なので教育の起源を解明する手がかりになるかもしれない」と話している。

グループは昨年二月から約一カ月、タイ中部の寺院跡近くにすむカニクイザルの群れ約二百五十匹を観察。
群れでは十年前から、落ちている人の髪の毛を両手に持って歯の間を掃除する行動が見られるようになり、百匹近くに広まったという。

幼い子ザルがいる母ザル七匹に注目し、髪を口に出し入れする回数や、歯の間をこする時間を計測。子ザルが目の前で見ている場合は、見ていない場合に比べて回数が二倍に増えた。時間もたっぷりかけて磨き、しぐさが大げさになる傾向も確認できた。

「歯磨きしている母ザルのしぐさを、じっと見つめている子ザルの姿に大変驚いた」と正高教授。「今後は群れの中での歯磨き行動の広まりを追跡調査し、教育による効果がどの程度なのかを見極めたい」としている。

ソース
野生の母ザルが子に歯磨き指導 京大、タイで確認

京都大学霊長類研究所
野生カニクイザルの母ザルは子どもが見ていると道具使用を大仰にしてみせることが明らかに



続き →

ラッコのクーちゃん 滞在一ヶ月 見物客途絶えず、経済効果5000万円 /北海道釧路市 

1 : ◆UC2AnoIOHw @ヂートゥφ ★ 投稿日:2009/03/12(木) 04:56:29 ID:???

114-001.jpg 
幣舞橋たもとの岸に上がり見物客に愛嬌を振りまくクーちゃん。人気は衰えを知らない=10日午後1時


 【釧路】釧路市中心部の釧路川に野生のラッコ「クーちゃん」が現れて十日で一カ月。
見物客が足しげく訪れる周辺の飲食店や商業施設のにぎわいは続き、この間の経済効果は五千万円に上るともみられる。
釧路のマチに長逗留(とうりゅう)する北方の海洋性動物は、愛嬌(あいきょう)だけでなく経済的な恩恵も振りまいている。

 クーちゃん出没地点近くの商業施設「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」の売り上げはこの一カ月、昨年に比べて一千万円も増えた。あやかり商品も人気で、市内のビデオ製作会社が作ったDVDは既に六百枚を売り切った。

 釧路公立大の小磯修二学長は「最低でも釧路市内に五千万円の波及効果があるのでは」と話す。
この数字は、日帰りや宿泊客を含め、冬の釧路に千五百人の観光客が訪れた効果に匹敵するという。

 同じ太平洋でも、北方海域が生息地のラッコ。出現当初は「すぐにいなくなる」との見方もあったが、予想に反して滞在は長期化。
釧路市は九日、ホームページに「観察日記」コーナーを新設してクーちゃんの様子や出没場所を掲載している。

 思わぬ経済効果に関係者は「一日でも長くいてほしい」と願うが、おたる水族館海獣飼育課の角川雅俊獣医師は
「ラッコは北方に生息する動物なので暖かくなって水温が上がればいなくなるのでは」と話す。
釧路では十日、春の風物詩の海霧も発生。多くの市民がクーちゃんの今後を気にしている。

北海道新聞



続き →

白い犬?いいえ、タヌキです /愛知県・豊橋総合動植物公園 

1 :特亜の呼び声φ ★ 投稿日:2009/03/10(火) 14:44:25 ID:???

113-001.jpg 
茶色のタヌキとともに元気に動き回る白色のホンドタヌキ=愛知県豊橋市の豊橋総合動植物公園で


 「犬じゃないの?」-。愛知県豊橋市の豊橋総合動植物公園で飼育されている真っ白な雌のホンドタヌキ「コハク」が入園者を驚かせている。

 遺伝子異常で色素が抜けたとみられ、本来の茶色のタヌキと比較すると別の動物のようだ。

 コハクは体長40センチ、体重4キロ。昨年12月上旬に同県豊田市の牧場で捕獲された。
名古屋大の研究施設の仲介で豊橋総合動植物公園に移され、検疫を経て1月下旬から公開されている。

 見た目は全く違うが、走り回ったり、エサの野菜などを食べたりする姿は一緒に飼われている雄の「コウメ」と同じ。同園の斎藤所長は「白色の動物は天敵に狙われやすく、どれぐらいの割合で生まれるか不明だが、珍しい」と奇妙な新顔の来園を喜んでいる。

▲中日新聞(日本語)2009/03/07 20:12

■豊橋総合動植物公園



続き →

だれだ、放したのは!外来種・アメリカカブトガニ /徳島県鳴門市 

1 :● ◆SWAKITIxxM @すわきちφ ★ 投稿日:2009/03/08(日) 18:57:35 ID:??? ?2BP(53)

111-001.jpg 
鳴門市沖で見つかったアメリカカブトガニ(鳴門ウチノ海総合公園で)

 徳島県鳴門市瀬戸町沖で北米産のアメリカカブトガニが見つかり、7日、地元で公開された。

 捨てられたペットらしい。周辺海域では在来種の生息は確認されておらず、影響は少なそうだが、専門家は「生態系を守るため、絶対放さないで」と訴えている。

 体長約30センチのメスとみられ、同市瀬戸町堂浦の漁師、横瀬健二さん(33)が、北泊漁港沖約5キロで底引き網漁をしていて捕獲。漁協に水槽を借りて一時保管し、同市の鳴門ウチノ海総合公園で開かれた朝市で展示した。

 横瀬さんは「在来種でなくて残念。ペットなら、最後まで責任を持って飼うべきだ」と話した。
カブトガニは、岡山県笠岡市立カブトガニ博物館に引き取ってもらうことが決まった。

 同館主任学芸員の惣路紀通(そうじのりみち)さん(52)によると、在来種はかつて徳島、香川両県沿岸でも生息していたが、子の生息に必要な干潟、産卵できる砂浜といった良好な自然が減り、もう見られない。

 今回のカブトガニは、飼えなくなって海に放したとみられるといい、「繁殖力が強く、つがいで放されると在来種が駆逐される恐れがある。他の生物に害を及ぼす危険もある」と、放流を戒めている。

YOMIURI ONLINE



続き →

「泳げないカバ」15歳のバースデー /長崎バイオパーク 

1 :かなえφ ★ 投稿日:2009/03/07(土) 16:06:58 ID:???

110-001.jpg 
ケーキを食べるカバのモモ


 日本で初めて人工保育された長崎バイオパーク(長崎県西海市)のカバ「モモ」が6日、15歳になり、誕生ケーキを贈られた。4月にも3頭目の子を出産予定。

 カバは水中で子を産むが、15年前のこの日は寒く、モモの母は陸上で出産。モモは飼育員に育てられたため、「泳げないカバ」と話題になり、特訓で泳ぎを覚えた。

 子育てが心配されたが、過去2度とも水中で出産、授乳し、人の手を借りずに育てた。
人間なら30歳の堂々たる母親ぶりに、飼育員らは「案ずるより産むがやすし」。

▼asahi.com

長崎バイオパーク ZOOっと近くにふれあえる動物園&植物園





続き →

シマフクロウの幼鳥 愛称募集 /釧路市動物園 

1 :やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2009/03/03(火) 15:12:58 ID:???

釧路市動物園は三月一日から、雌のシマフクロウの幼鳥の愛称を募集する。
飼育担当の美村さん(44)も「シマフクロウらしくて覚えやすい名前があれば」と名付け親を募っている。

この幼鳥はアカン(オス)ポッポ(メス)の間に生まれ、昨年四月二十日にふ化が確認された。非公開で飼育され、同十二月に展示用のケージに移された。
体長は七十センチほどで成鳥と変わらないが、胸のあたりの羽はふわふわして若々しい。

シマフクロウは絶滅危惧(きぐ)種で、国内で飼育している動物園は同園だけ。
現在は十二羽を飼育しており、五羽を公開している。
命名者はケージの前に名前入りのプレートを展示してもらえる。
募集期間は四月十九日まで。展示室の応募用紙に必要事項を記入して投票箱に入れる。

ソース


釧路市動物園ホームページ

このニュースとは別の2006年に生まれたシマフクロウの画像

109-001-1.jpg 
ふ化初日
109-001-2.jpg 
生後15日目
109-001-3.jpg 
生後94日目





続き →

CM出演のアルパカ「はなこ」 人気の裏に苦節10年 

1 :やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2009/03/05(木) 09:11:18 ID:???

108-001.jpg 
CMに出演し、人気者のアルパカのはなこ=那須町のアルパカ牧場


テレビCMに出演し、もこもこした毛と愛くるしい顔で一躍人気者になったアルパカの「はなこ」。
すんでいるのは、栃木県那須町大島にある「アルパカ牧場」だ。アルパカの飼育を始めて10年。
南米の高地が原産で、臆病(おくびょう)なラクダ科の動物を「世界一、人なつっこいアルパカ」と呼ばれるまでに育てるには、様々な試行錯誤があった。

那須岳のすそ野にあるアルパカ牧場。400頭のアルパカが暮らしている。アンデス地方の標高3千メートル以上の高地が原産とあって、寒い冬でもへっちゃら顔だ。

そこが昨年秋以降、観光客でわいている。前年は1カ月で400人ほどだった来場者が6倍以上の2500人に増えた。旅行会社のツアーに牧場見学が組み込まれ、7割を占める20~30代の女性を中心に、全国各地から訪れるようになった。

知名度を一気に上げたのは昨年8月に放映が始まった化学メーカーのテレビCM。CM名「クラレ」こと、「はなこ」の愛らしい容姿で人気に火がついた。同牧場で育った1歳半のメスだ。
同牧場が飼育を始めたきっかけは、東京の親会社がアルパカの毛がセーターなどに使われるほか、米国ではペットとして飼われている例を聞きつけたこと。99年に200頭を原産国の南米ペルーから空輸した。

当初は那須の自然環境に慣れなかったり、アルパカの獣医療の技術や情報が少なかったりしたため、健康管理の壁にぶつかったという。

順調に生育し始めたところで、次の問題はアルパカと人間との関係づくりだった。元々アルパカは放牧されているため、人と接触するのは年に一度の毛刈りのときぐらい。しかも敵のいない高地で育ったため、臆病で人が近づくと逃げてしまう。

同牧場の代表者、熱田さん(55)は「人間との距離を近づけることで、アルパカの愛らしさを伝えられる」と考え、4年ほど前から餌のやり方を変えた。アルパカが見ていないところで従業員が用意していた餌を、従業員が直接与えることで人への抵抗感が薄れてきたという。また赤ちゃんの人工保育も始めた。

「ウオーク(歩く)」「ストップ(止まる)」「ターン(戻る)」の三つの言葉を教え、人間はアルパカの左側に立つというルールも作った。

その結果、来場者の手から餌を食べたり、一緒に散歩したりできるようになった。
昨年6月、ペルーの駐日大使が牧場を視察に訪れた際には「こんなに人なつっこいアルパカを見たことがない」とのお墨付きをもらったという。

今の人気ぶりについて、はなこを育てた西峯さん(24)は「見ている人を優しい気持ちにさせる『癒やし効果』がアルパカにあるんだと思います」と話す。

ソース




続き →

透明な頭をもつ深海魚デメニギス 

1 :帰社倶楽部φ ★ 投稿日:2009/02/24(火) 14:34:39 ID:???


107-001.jpg 

全長15センチほどの深海魚デメニギス(学名:Macropinna microstoma)。
緑色の球状部分が円筒形の高感度の眼で、戦闘機のコックピットを思わせる頭部から真上に飛び出ている 。
通常の眼の位置にあるのは鼻に相当する器官だ。この写真は23日に公開されたが、撮影は2004年に行われていた。

アメリカのモントレー湾水族館研究所(MBARI)が、カリフォルニア州中央沿岸部沖の深海で生きたデメニギスを発見した。
その軟らかく透明な半球状の眼球が無傷のまま見つかったのは同種では初となる。

1939年以降、デメニギスの存在は確認されていたが、引き揚げられる途中で魚網に絡んで傷だらけになってしまう
のが常だった。

透明な頭をもつ深海魚デメニギス - ナショナルジオグラフィック




続き →

ラッコの赤ちゃんがひな祭り迎える /福岡・水族館「マリンワールド海の中道」 

1 :OH!! グレートセントーラルー!!φ ★ 投稿日:2009/03/03(火) 13:43:56 ID:???

106-001.jpg 
国内初の4世ラッコとして誕生し、母親に抱っこされる赤ちゃん


 福岡市東区の水族館「マリンワールド海の中道」で3日、ことし生まれたラッコの赤ちゃんの初節句を祝うひな祭りイベントが開かれた。同じ水族館で繁殖を重ねた国内初の4世ラッコで、同館が名前を募集する。

 赤ちゃんは1月27日、同館出身のいずれも3世の父ナダ、母マリンの間に誕生。2月末に「女の子」と分かった。推定体重約2キロ、体長約40センチで生まれ、今では「標準よりひと回り大きい」(同館展示部)くらいまで成長。母親のおなかにのる姿が愛らしいと人気を集めている。

 初節句のお祝いでは、展示プール横に桃の花で飾ったラッコのひな人形が置かれ、海の神様を祭る志賀海神社の宮司が祝詞を上げた。地元の幼稚園児約30人は、この日のために練習してきたひな祭りの歌を、かわいい声でプレゼントした。

名前は来館者から5月4日まで募集し、同月10日に発表予定。

サンスポ 2009年3月3日




続き →

ヤギ六つ子誕生 「奇跡」再びと話題に /沖縄 

1 :OH!! グレートセントーラルー!!φ ★ 投稿日:2009/03/02(月) 13:53:49 ID:???

105-001.jpg 
24日に誕生した六つ子の子ヤギと母ヤギ=南城市大里字大城


 南城市大里字大城に住む島袋さん(83)が飼育しているヤギが2月24日、六つ子を出産した。
市内では玉城字奧武で3日、六つ子のヤギが生まれ「奇跡だ」と話題になったばかり。島袋さんは「奧武の話は聞いていたが、まさかうちでも生まれるとは」と驚いていた。

 母ヤギは4日ほど前、2匹を出産。島袋さんは、おなかの大きさから中に子ヤギが残っているのではないかと感じていたが、その後出産の気配がなく心配していた。24日午前11時ごろ、再び産気付いたのを見て獣医を呼び、出産を見守った。

 母子ともに健康で、子ヤギは雄、雌3匹ずつ。子ヤギは立ち上がって乳を探すなど元気いっぱいだ。
島袋さんは「4日もたった上に4匹も出てきてびっくりしたが、育てるのが楽しみだ」と張り切っていた。
(与那覇裕子)


琉球新報 (http://ryukyushimpo.jp/) 2009年3月1日


続き →

「猫カフェ」相次ぎオープン /長野 

1 :やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2009/03/02(月) 10:37:33 ID:???

104-001-1.jpg 
「ねこ鍋」(土鍋の中で寝る猫)は猫好きのサイトで07年ごろからブームになり、写真集も出た=松本市の「ザネリ」
104-001-2.jpg 
「なる」の夘之原さん夫妻。「猫スタッフ」は人気の品種をペットショップでそろえた=長野市
104-001-3.jpg 
猫と遊ぶ子ども客。猫への病気の感染を防ぐため入店前に手を消毒してもらう=松本市の「ザネリ」

 猫に触って遊べる「猫カフェ」長野県松本市と長野市に相次いで開店した。自宅で飼えない猫好きの人のくつろぎの場として、この1、2年、全国で急増。不況下の癒やし系ビジネスとしても注目されているという。

 松本市深志2丁目のビル2階に2月下旬、開店した「ねこカフェ Zaneli(ザネリ)」。約33平方メートルのほぼ正方の店舗中央には猫が上り下りして遊ぶキャットタワーがある。客用のテーブルといすは壁と窓際にあり、15人の親子連れやカップルがお茶を飲みながら、走り回る猫を眺めたり、猫じゃらしでかまったりしていた。

 店内にいる猫は計6匹で生後2~3カ月。入店料金は300円(20分)。飲み物2杯つきの「平日2時間パック」(1700円)もある。予約を入れて来た市内の主婦高橋雅江さん(46)悠吏くん(10)親子は、ともに物心ついた時からの猫好き。悠吏くんの夢は獣医師か猫カフェの経営者。雅江さんは「勝手気ままで、飼い主の思うようにならないところが猫の魅力」と言う。

 店長は唐木佳寿美さん(37)。子どもの頃から家に猫が絶えたことがなかったが、アトピー性皮膚炎の次女(10)が生まれてから飼えなくなった。昨年末、車販売会社の派遣社員を辞めたのを機に開店を決心した。店名のZaneliは、愛読書「銀河鉄道の夜」(宮沢賢治)の登場人物の名前。85年にアニメ映画化された時は猫として描かれた。「私と同じように飼いたくてもできない人が気軽に立ち寄れる場所にしたい」と唐木さん。

 長野市南長野新田町の「ねこカフェなる」は08年8月の開店。東京で会社勤めをしていた夘之原栄寿(うのはらえいじ)さん(26)綾乃さん(28)夫妻がUターンして始めた。吉祥寺で人気の猫カフェに行ったら満員で入れなかったという。帰郷後、県内で猫カフェを探したが見つからず、「だったら自分たちで始めよう」と決めた。

 10匹の「猫スタッフ」が約42平方メートルの店内を走り回る。飲み物は別で60分800円。開店以来、週末はほぼ満席。ひいきの猫を目当てに通う常連も多い。男性客が約3割と「予想以上に多いのでびっくり」と栄寿さん。仕事帰りに立ち寄り、3時間近く長居するサラリーマンも。

 毎週通う近くの神社宮司、水庫清之さん(50)にとって同店は「貴重な隠れ家」という。「頭の中を空っぽにして猫を眺めていると平和な気分になり、命の大切さを感じることができます」

 店は雑居ビルの3階。施設から通ってくる車いすの老人もいることから、栄寿さんは将来、郊外に庭付きの広い店を持ち、「お年寄りや体の不自由な人たちのアニマルセラピーの場にもしたい」と考えている。

 〈猫カフェ〉 写真集「猫カフェ」(07年9月発行)と「猫カフェ+」(08年10月)を企画した竹書房(東京都)の編集者高橋美樹さんによれば、猫カフェの発祥は台湾。台北市に00年ごろ開店した「猫花園」が第一号店。日本初の猫カフェは04年に開店した「猫の時間」(大阪市)。07年春からブームになり、高橋さんが2冊の写真集を手がけたときには約40店舗があったという。

 どの店も猫との触れ合いで「リフレッシュし癒やされる空間」を売りにする。ビジネス情報誌などが「不況下のビジネスチャンス」と話題にしている。

 料金システムは時間制を取る店がほとんどで、マンガ喫茶の猫版といえる。(伊藤景子)

ソース




続き →

新発見の新種カエル 放鳥トキのエサに /佐渡 

1 :かえりちりめんφ ★ 投稿日:2009/03/01(日) 01:48:24 ID:???

103-001-1.jpg 
発見された新種のカエル。後足の裏側が黄色いのが特徴。放鳥されたトキも好んで食べ、餌場となっている水田や水路に多く生息しているのが分かった
103-001-2.jpg 
冬眠中のカエルを捕まえたトキ。首を利用し、くちばしの先からのどまで放り投げるてパク。大きな足の水かきが、口からはみ出すほど。トキの餌の調査から、佐渡における新種カエルの分布が分かってきた

新発見の新種カエル トキのエサ 佐渡

国の特別天然記念物のトキ10羽が放鳥された新潟県佐渡市で、新種の可能性の高いカエルが発見された。
本州以南に広く分布するツチガエルに似ているが、腹部が黄色で鳴き声も全く異なるため、佐渡の固有種とみられる。放鳥トキの大切な餌になっている。
脊椎(せきつい)動物の新種が国内で発見されることは珍しい。

■調査13年
厳寒期のトキの餌場を調査している元新潟大助教の関谷國男さん(66)=両生類学=が発見した。
最初の出合いから13年。生息地域の確認や遺伝子解析など丹念な調査が実を結んだ。
関谷さんは「貴重な種。トキに食べられてもいいくらいに増やしてほしい」と話す。

関谷さんは平成15年度から始まった同大の地域支援活動「トキ・プロジェクト」のメンバーとして、トキのために復元した水田での両生類の生息状況や、放鳥後の冬場の餌場の調査を行っている。

2月10日、カエルやイモリを精力的に食べるトキの姿を目撃、その中に腹の黄色いカエルを確認。
18日に加茂湖周辺にある餌場を調査したところ、放棄水田の側溝の周辺3メートルの範囲で40匹を発見。冬場は、水温が高い場所に集まるため、大量発見につながった。

■奇妙な声
新種のカエルとの出合いは8年にさかのぼる。学生を連れて佐渡島内の同大臨海実験場を訪れた際、両津港から近い水田で腹が黄色いカエルを見つけた。
普通のツチガエルは全体に灰色で背面はざらざらとして大小のこぶがあり、「ギュッギュッ」と鳴く。
佐渡には腹部の黒いアカハライモリがいるなど独自の生物がいるため、最初は黄色いカエルを見ても、「地域的な変種かな」と、さほど気に留めなかったという。

ところが、その翌年、島の北西部でこの腹の黄色いカエルが「ビューンビューン」と奇妙な声で鳴いているのに気付き、「鳴き声が違う変種はない。新種と確信した」と関谷さん。

■特定分布
その後も毎年調査を続け、島の特定の緯度上のため池や水田に多く分布していることがわかった。
北部の大佐渡と南部の小佐渡をそれぞれ横断する山脈を越えて生息しているという興味深い事実も突き止めた。

さらに新種の裏付けには遺伝子的な知見が必要なため、広島大大学院理学研究科両生類研究施設の三浦郁夫准教授(50)に遺伝子解析を依頼。
その結果、三浦准教授は「関東のツチガエルのグループと似ているが、遺伝子的には明らかに異なる」と分析。
(1)鳴き声が全く違う(2)新種は腹部が黄色で背面はすべすべなど色と形状も違う(3)両者を交配させると生殖能力が非常に弱い上、子はすべて雄-などを根拠に挙げ、「新種と推定される」と話す。

研究の一部を日本爬虫(はちゅう)両棲(りょうせい)類学会で発表。昨年3月には、三浦准教授らと共同論文をまとめ、同学会刊行の英文専門誌「カレントハーペトロジー」に提出した。同誌への掲載を待ちながら、現在、新種記載論文をまとめている。関谷さんは「偶然の発見から13年もかかったが、トキとともに保護してほしい」と話す。

ソース




続き →

助かったニャ~ 木の上のネコ4日ぶり帰る /沖縄 

1 :やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2009/02/26(木) 15:10:40 ID:???

102-001-1.jpg 
高さ約15メートルのナンヨウスギの頂上付近にしがみつくネコ
102-001-2.jpg 
救出のため木を切断する消防署員(下方)。頂上にネコ
102-001-3.jpg 
無事を喜ぶ飼い主の星野麻美さんの娘・裕子さん=25日、宜野湾市大謝名


宜野湾市大謝名のマンション敷地内で木に登ったまま下りられなくなっていたネコは25日午後、宜野湾市消防や市職員らにより救出された。
ネコにけがは見られず、4日ぶりに飼い主の元へ戻った。ネコの名前は「ネル」で、生後8カ月の雌

22日夕、高さ約15メートルのナンヨウスギの4メートルほどの場所で、ネルが鳴いているのをマンション住民が発見した。宜野湾市消防がはしごを掛け捕まえようとしたが、さらに木を登り、はしごが届かない場所でうずくまっていた。

25日、再度要請を受けた宜野湾市消防が市職員2人と共に救出活動した。ネルは木の頂上近くの枝まで登り、はしごでの保護は無理と判断した同消防署員が木の切断を決めた。ネルは切断して倒れた木とともに地面に着地し、飼い主と対面した。

2時間ほどの「救出劇」にマンション周辺は地域住民がかたずをのんで見守っていたが、ネルが地上に戻った瞬間、一斉に笑顔に変わり「良かった」との声が上がった。

同マンション住民で飼い主の麻美さん(25)は「地上に落ちたときは心配したが、大丈夫そう。
念のため、急いで獣医師に診てもらいます」とほっとした様子。
「助けてもらった皆さんに感謝しています」と涙を浮かべ、ネルを胸に優しく抱き締めていた。

ソース

ニュース動画



続き →
検索フォーム
amazon
広告
リンク
FC2カウンター
ブログパーツ
あわせて読みたいブログパーツ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。