アニマルニュース

犬、猫など動物関連のニュースを紹介
 
 
近所の野良猫
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

25歳の犬は実在するのか? /宮崎市 

1 :やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2009/06/15(月) 11:55:14

204-001.jpg


『宮崎市の広島通り沿いを、おばあちゃんが25歳の犬を連れてよく散歩しているらしい』と聞きました。調査をお願いします!」との依頼が舞い込んだ。人間の年齢に換算すれば、うわさの犬は100歳を軽く超えている。もしや県内最高齢ドッグではないか?
調査に乗り出した。
  
 ?  ?  ?

「県内最高齢どころか、25年はギネスブック級の記録じゃないですか」。県の動物を管理する県衛生管理課乳肉衛生係の瀬ノ口さん(53)=都城市=にうわさの犬の話をしたところ、こんな反応が返ってきた。調べてみると、ギネスにおける現役最高齢の記録保持犬は25歳らしい。

大急ぎで広島通りへ。浅ましいもので、早くも脳裏には「特ダネ」とか「1面トップ」とかいう言葉が躍っている。通り沿いの住人の方に尋ねてみたら、「きっと、あのおばあちゃんの犬です」。

その人は広島通り付近で駐車場経営の竹下さん(83)。
飼い犬のタロー君とは、夫の勲さん亡き後、長年、“2人”だけで暮らしているそう。たしかにかなりの老齢だ。幾つですか、と尋ねたら、「飼い始めてから21年たつ」とのお答え。
おお、25年は話が大き過ぎたが、それでもギネス級に間違いない!

「平成3年に、うちに来たとよ。生後2カ月半の時だったね」。
…ん? 平成3年といえば1991年。今は2009年だから、えーと…。

計算したら、18歳であった。スクープ?の夢も露と消える。どうやら、うわさに尾ひれがついたらしい

とはいえ18歳もかなりの長寿だ。
「毎日、食事に気を付けて、わが子同然にかわいがってきたからねえ」。
最近は風邪気味らしいのだが、竹下さんの温かい愛情に包まれたタロー君に、記録更新のチャンスは十分。世界一を目指し、ぜひ長生きしてほしい。


ソースは宮崎日日新聞




続き →
スポンサーサイト

ニャンとワンだふる! 飼い犬が猫に母乳 /沖縄 

1 :守礼之民φ ★ 投稿日:2009/05/14(木) 03:58:58 0

170-001.jpg 
子猫に母乳を与えるイヌのリンリン(右)


 西原町掛保久で中古車販売を営むマッパーラ・ジェームソンさん(47)=糸満市=の店舗敷地内で、イヌが子ネコを育てるというほほ笑ましい光景が見られる。ジェームソンさんは「イントゥマヤー(イヌとネコ)は、相性が悪いと想像しがちだけど不思議」と目を細め、父親のように温かく見守っている。

 知り合いから譲ってもらって飼い始めたイヌのリンリン(雌、年齢不詳)とクッキー(雄、同)のもとに、約1年前から野良猫・ミンミン(雌、同)がすみ着くようになった。それから2、3カ月後、店舗敷地内でミンミンが子猫3匹を出産。子猫の誕生をリンリンたちは嫌がることなく、一緒に遊んだりと寝食を共にしてきたという。

 しかし、その約1カ月後、なぜかミンミンが授乳を拒否し始めた。まだ乳離れができない子猫たちは、おなかがすいて途方に暮れる始末。子猫たちの成長が危ぶまれた。

 ところがある日、リンリンとじゃれつく中でおっぱいを見た子猫たちは、いつの間にか吸うようになった。
妊娠していないリンリンだが子猫たちを前に母性が目覚めたのか、母乳を出して子育てに協力し始めた。
今では子猫たちもすくすくと育ち、元気に駆け回っている。

 ジェームソンさんは「弱いものを守ろうとする姿勢が素晴らしく感動的だ。
世界もこのように平和になってほしい」と笑みをこぼした。


ソース(Yahoo!ニュース 琉球新報)



続き →

ブサカワ犬「わさお」 ハチ公の故郷を表敬訪問 /秋田県大館市 

1 :あおいそらφ ★ 投稿日:2009/04/27(月) 02:26:32 ID:???

わさお 
大館市を“表敬訪問”した話題のブサカワ犬「わさお」


不細工すぎて超かわいい「ブサカワ犬」としてネット上やテレビ番組などで話題を集める青森県鯵ヶ沢町の「わさお」が26日、秋田犬の里・大館市を“表敬訪問”した。

顔や尾の形などから「秋田犬の血を引く」とされるわさお。
秋田犬会館近くの「望郷のハチ公像」前では、じっとハチ公の姿を見詰め、同会館に展示されている2匹の秋田犬とはほえ合って“エール交換”した。

わさおは、生後5カ月ごろに同町の市場で飼い主の自営業菊谷節子さん(66)に拾われた。
その後、わさおを紹介した旅行者のブログが話題を呼び、ブサカワ犬として人気者になった。
現在2歳半で、体重40キロほどの大型犬。

この日は同市の招きで、菊谷さんらと桂城公園の大館桜まつりに登場。
ちょっと興奮ぎみだったが、愛嬌(あいきょう)たっぷりの姿を見せた。
雨の中訪れた約30人の市民らは「かわいい」「何となくオーラがある」などと話し、
盛んにシャッターを切っていた。

ブサカワ犬「わさお」、大館市に ハチ公のふるさと訪問|さきがけonTheWeb

わさお通信:今日のしっぽ


続き →

犬の外見と飼い主の外見になんらかの結びつきがあることが判明 

1 :やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2009/04/06(月) 11:24:52 ID:???

137-001.jpg 


「飼い犬は飼い主に似てくる」あるいは「飼い主は飼い犬に似てくる」という言葉が、まことしやかに語られていますが、実際のところはどうなのか、また本当だとしたら一体何が関係しているのか?誰もが思いつきながら、しかし誰も明らかにしてこなかったこの「犬種と飼い主」というテーマに対し、ある心理学者が調査を行いました。

詳細は以下。
Dog owners do look like their pets, say psychologists - Telegraph

Dogs Do Look Like Owners | LiveScience

イギリスのバース・スパ大学の心理学者ランス・ウォークマン博士が、ラブラドール、プードル、スタッフォードシャーブルテリアのいずれかを飼っている41人の写真と、3種類の犬の写真をマッチさせるというテストを70人の被験者に対して行ったところ、33%程度になるはずの正解率がなぜか50~60%と、かなりの高率になったとのこと。被験者に対しては飼い主の全身写真以外の情報はまったく与えずに行ったテストということで、外見については犬種と飼い主の間に何らかの関係が見られることが分かりました。

いったいどうしてそのようなことになるのかは未だ謎に包まれているようですが、ウォークマン博士は「元気いっぱいの人は、元気いっぱいの犬種と散歩して運動量を増やしたいと思うだろうし、そうでない人はプードルのような室内犬を飼うといったように服装や体格など外面的な要素と飼っている犬種についてはかなりの関連があるようだ」としています。

逆に「××という種類の犬の飼い主の性格は、犬と同じで○○だ」といったような、犬種と飼い主の内面的な部分の関連はほとんど見受けられなかったそうで、ただ一つ「犬を飼っている人は大体において『いい人』で付き合いやすい」という共通の性質が調査の結果分かったのこと。
他の動物の場合はどのようになるのか、是非実験してほしいところです。

-以上です-

ソースはギガジン



続き →

ブサカワイイ「わさお」に新居プレゼント、誘客に貢献と /青森県鰺ヶ沢町 

1 :かなえφ ★ 投稿日:2009/03/25(水) 08:22:36 ID:???

129-001.jpg 
プレゼントされた新居の前で、飼い主の菊谷さんに甘える「わさお」

 インターネット上で「不細工でかわいい」と評判になり、各地から訪れる人が後を絶たない青森県鰺ヶ沢町の人気者・秋田犬「わさお」に24日、町観光協会から新居と食費がプレゼントされた。

 新居の“わさおハウス”は、全国に「鰺ヶ沢」の名前を広め、冬場の誘客に大きな役割を果たしたわさおの功績に対し、町内有志が廃材などを利用して自作。体長約1メートル、体重40キロ・グラムのわさおがゆったりできる大きさだ。

 同協会は昨年12月から、わさおをデザインしたTシャツも作り、これまで約600着を販売。この売り上げの一部3万円を食費として、飼い主で焼きイカ店を営む菊谷さん(66)に手渡した。

 贈呈式で同協会の杉澤会長は「わさおには感謝したい。わさおを見習って、私たちも頑張りたい」とあいさつ。
わさおに代わって、菊谷さんが「町のために少しでも役立てばうれしい」と答えた。

▼読売新聞

わさお通信:今日のしっぽ



続き →

『ブサかわいい』人気犬わさお写真展に わさお駆け付ける /青森・鯵ケ沢 

1 :OH!! グレートセントーラルー!!φ ★ 投稿日:2009/02/19(木) 16:02:58 ID:???

090-001.jpg 
飼い主の菊谷さんとともに写真展会場を訪れた人気犬「わさお」

 鯵ケ沢町の人気犬「わさお」の魅力を存分に紹介する写真展「徒然(つれづれ)あじがさわデジタル写真展~わさお/この町」が18日、同町の日本海拠点館で始まった。

 さまざまな愛らしい表情を見せるわさおと、四季折々の岩木山や日本海など鯵ケ沢の印象的な風景をとらえた約百点の写真は、同町在住のウェブデザイナー工藤健さん(41)の力作。

 わさおは同町のイカ焼き店の飼い犬。昨年5月、インターネットで旅行記をつづっている京都市の女性がネット上で紹介したのを機に一躍有名になった。

 デジタルカメラでふるさと鯵ケ沢の風景を精力的に撮影している地元の工藤さんも、自身のブログ「徒然あじがさわ」でわさおをたびたび紹介、ブームを後押しする。東奥日報が今月開設した総合情報サイト「Tooナビ」で、ブログ「わさお通信 今日のしっぽ」を担当している。

 工藤さんは「わさおが、不細工でかわいい『ブサかわいい』だけの犬ではなく、生き物としての感情や表情があり、わさおなりの暮らしがあることを知ってほしい」と、写真展を企画した狙いを話す。わさおとともに会場を訪れた飼い主の菊谷節子さん(66)は「いい写真ばかり。ぜひ見に来てほしい」とにっこり。

 写真展は3月15日までの午前9時-午後5時。入場無料。火曜日は休館。


東奥日報(http://www.toonippo.co.jp/)2009年2月18日

わさお通信:今日のしっぽ




続き →

「犬の幼稚園」 生活マナーが身に付けば卒園/西宮市 

1 :かなえφ ★ 投稿日:2009/02/14(土) 19:55:34 ID:???

082-001-1.jpg 

先生と一緒にマナーの勉強。一日の様子を記録した幼稚園手帳が“お母さん”に渡される=いずれも西宮市高松町、阪急ハロードッグ幼稚園

082-001-2.jpg 

生活マナーが身に付けば卒園。証書も授与される

 西宮市に、「犬の幼稚園」がお目見えした。朝は“お母さん”と一緒に登園し、先生や友達とお遊戯や昼食、お昼寝で集団生活を学ぶ。夕方にはお母さんがお迎えに。ペットをわが子同様にかわいがる人のほか、仕事で日中は家を空ける飼い主からも注目を集めている。

 阪急西宮ガーデンズ内に、一月オープンした阪急ハロードッグ幼稚園。午前十時から午後六時まで、お遊戯や生活マナーの訓練、昼寝など、ヒトの幼稚園や保育所と同じようなカリキュラムが並ぶ。現在の園児はトイ・プードルやヨークシャーテリアなど六匹。料金は小型犬で週三回七万三千五百円から。

 「シット(お座り)!ステイ(待て)!」。トレーナーの指示に、じゃれて走り回っていた犬たちが、ぴくっと立ち止まる。
集まって一瞬じっとするが、やんちゃ盛りだけに、また走りだす。トレーナーはこれを繰り返しながら、さまざまなルールを教え込む。

 わがままで、きかん坊だった生後六カ月のトイプードル「みそかつ」くんは、数回の通園で「お座り」も「伏せ」もマスターした。大阪に住む飼い主の酒井さん(46)はここに通わせるため、彼を西宮の実家に下宿させている。「仕事に出ている間、預かってしつけをしてもらえて大助かり。言うことも聞くようになったので、一緒にお出掛けできる」と喜ぶ。

     ◇     

 厚生労働省の調べでは、全国の犬の登録頭数は二〇〇七年度で約六百七十四万。国内ではヒトの出生数が下がるのと反比例して、毎年二十万匹ペースで増えており、十年前から30%も増えた。最近ではペットが飼えるマンションも増えるなど住環境が整い、さまざまなペット向けのサービスも生まれている。

 犬のしつけ教室は以前から各地にあったが、最近は阪急ハロードッグのように「幼稚園」を名乗るところも多い。このネーミングも、犬を「うちの子」と呼ぶ飼い主たちの琴線に触れたようだ。

▼神戸新聞NEWS

続き →

「牧豚犬」ポルコ特訓中 /北海道 

1 :かなえφ ★ 投稿日:2009/02/03(火) 10:48:27 ID:???
058-1.jpg 
▼雪の中の農場で、放牧豚を追う訓練に励む牧豚犬の「ポルコ」

 屋外で飼育する放牧豚を手がける十勝管内幕別町の農業生産法人「北海道ホープランド」で、牧羊犬ならぬ「牧豚犬」が訓練に励んでいる。日本養豚協会(東京)によると、雪中での豚の放牧は珍しく、牧豚犬は全国でも唯一という。

 同法人は二〇〇六年から、脂身をおいしくするため放牧豚に取り組み、現在、約三百五十匹を通年放牧している。
豚は成長すると一〇〇キロ以上になり、人の手でねぐらに追い込むのは難しい。このため昨年、牧羊犬で有名なボーダーコリーの「ポルコ(ポルトガル語で豚の意味)」=一歳雄=を助っ人に迎えた。

 朝夕、豚と一緒に走ったり、止まったりといった訓練をしている。担当の和田さん(35)は「今はまだ指示通りの動きができず、がむしゃらに走るだけ。仕事をこなすまでに二、三年はかかりそう」と話している。

▼北海道新聞


続き →
検索フォーム
amazon
広告
リンク
FC2カウンター
ブログパーツ
あわせて読みたいブログパーツ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。