アニマルニュース

犬、猫など動物関連のニュースを紹介
 
 
近所の野良猫
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸運(?)の白スズメを撮影 /鹿児島県伊佐市 

1 :台風0号φ ★ 投稿日:2009/06/19(金) 01:38:2

209-001-1.jpg

209-001-2.jpg



 白いスズメを、鹿児島県伊佐市の自営業男性(49)が17日朝、近所のスーパーの近くでカメラに収めた。茶色のスズメに交じって、飛び回っている。

 近所の人の話では、1カ月ほど前から見られるようになった。茶色の羽根も残るが、体のほとんどが白い。
鹿児島市平川動物公園は「突然変異によるものでしょう」。

 外敵に狙われやすく「スズメにメリットはない」と同園の獣医師。それでもスーパー店主は「白蛇のように商売繁盛をもたらしてくれるかも」とありがたがっている。


▽ソース:asahi.com (2009/06/18 19:02)




続き →
スポンサーサイト

伝書バトがかえしたクジャクの卵、ウコッケイが親代わり /群馬県高崎市・高崎公園 

1 :やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2009/06/19(金) 10:31:31

ウコッケイの懐に潜り込むインドクジャクの赤ちゃん=群馬県高崎市宮元町の高崎公園
ウコッケイの懐に潜り込むインドクジャクの赤ちゃん
インドクジャクの卵を温める伝書バト=群馬県高崎市宮元町の高崎公園
インドクジャクの卵を温める伝書バト




 群馬県高崎市の高崎公園で、インドクジャクの卵を、鳥小屋に同居する伝書バトが温め、かえして話題になっている。
 
クジャクは自分が産んだ卵を放置してしまった。
そこで飼育担当者が5月、ビリヤードの球大の卵をハトの巣の卵(直径約2センチ)とこっそり交換。今月11日、茶色い毛のひなが顔を出した。

 いま、同じく同居しているウコッケイが親代わり。ひなは小屋を気ままに歩き回っているが、寒くなると3羽目の母の懐にちゃっかりと潜り込んでいる。

ソースはasahi.com(朝日新聞社)



続き →

20羽子連れ、カラスと戦うカルガモ母さん /埼玉県菖蒲町 

1 :|ー゜)ノおやつφ ★ 投稿日:2009/06/14(日) 23:36:00 ID:???

203-001.jpg 
多くの子どもを引き連れて泳ぐカルガモの母親(左上)



 埼玉県菖蒲町の中央図書館近くを流れる見沼代用水で、カルガモの母親が20羽もの子どもを引き連れて泳ぎ、話題になっている。

 母親がカラスなどの外敵から子どもを守る姿も見られる。

 観察している久喜警友会写真クラブの津久井会長によると、子どもの大きさに違いがある。上流に子どもを連れていない親鳥がいることから、その子どもが交ざっている可能性もあるという。津久井会長は「多くの子どもを育てる母親は強い。脅かさずに遠くから見守ってほしい」と話している。


20羽子連れ、カラスと戦うカルガモ母さん…埼玉で話題に : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


続き →

電柱の上に巣づくり、コウノトリの子育て /兵庫県豊岡市 

1 :依頼@台風0号φ ★ 投稿日:2009/06/10(水) 01:21:18

電柱の上に作られた巣で、親鳥(右奥)からエサをもらうコウノトリのヒナ
電柱の上に作られた巣で、親鳥(右奥)からエサをもらうコウノトリのヒナ(兵庫県豊岡市で)


 兵庫県豊岡市野上の電柱上に設けられた巣台にコウノトリのペアが巣を作り、ヒナ3羽がすくすくと育っている。

 7月上旬にも巣立ちそうだ。

 ペアは今年3月、電線の近くに営巣したが、感電の恐れがあるため、県立コウノトリの郷(さと)公園が電線の約1メートル上方に角材3本で巣台を作った。

 ペアは下旬に4個を産卵。約1か月後に3羽が孵化(ふか)した。


▽ソース:読売新聞 (2009/06/09 15:04)



続き →

白山で70年ぶりにライチョウ確認 乗鞍岳などから移動の可能性 

1 :白夜φ ★ 投稿日:2009/06/07(日) 23:28:01

196-001.jpg 
白山で70年ぶりに見つかったライチョウ


<白山で70年ぶりにライチョウ確認=乗鞍岳などから移動の可能性も>

石川、岐阜県などにまたがる白山(2702メートル)で、約70年ぶりにライチョウが確認されたことが5日分かった。環境省中部地方環境事務所によると、現在、国内でライチョウの生息が確認されている地域は、南アルプスをはじめ乗鞍岳、北アルプス、御嶽山の4カ所にとどまる。白山では過去に未確認の目撃情報はあったものの、昭和初期の1930年代半ば以降、生息は確認されていなかった。
 
今月1日、石川県白山自然保護センターに、一般の登山者から白山でライチョウらしき鳥を発見したとの連絡が寄せられ、同センター職員が翌2日に現地調査したところ、ライチョウの雌1羽を確認、環境省に報告した。
 
これまでの研究から、白山ではライチョウが絶滅したとされており、同事務所では「今回確認したライチョウは乗鞍岳などから移動してきた可能性はある。
発見した場合は脅さずに、遠くから静かに見守ってほしい」としている。(2009/06/05-21:07)

▽記事引用元:時事ドットコム



続き →

白ツバメ巣立ち間近 /京都府南山城村 

1 :依頼@台風0号φ ★ 投稿日:2009/06/05(金) 00:30:44

毛並みもふっくらしてきた白いツバメのヒナ(南山城村で) 
毛並みもふっくらしてきた白いツバメのヒナ(南山城村で)

 全身の毛が白いツバメのヒナ3羽が京都府南山城村の民家で見つかった。財団法人山階鳥類研究所(千葉県我孫子市)によると、突然変異か遺伝子の異常とみられ、一度に3羽生まれるのは珍しいという。

 ヒナが生まれたのは、同村の会社員(48)方。小屋と母屋に巣が10個あり、今年は3組のつがいが営巣。
玄関横の土間の天井付近では5月下旬、ヒナ6羽のうち全身が白い3羽が確認された。今では毛並みもふっくらしてきていて、巣立つ直前だという。

 ツバメが巣を作ると、その家は運がいいとされる。会社員は「今年は何か良いことがありそうだね、と家族で話し合っています」と言い、ヒナを見守っている。


▽ソース:読売新聞 (2009/06/04)



続き →

羽の白いカラス発見、町の話題に /香川県まんのう町 

1 : ◆cwSHAKEbig @鮭おにぎりφ ★ 投稿日:2009/06/02(火) 13:04:54

羽の一部が白いハシボソガラス 
羽の一部が白いハシボソガラス=香川県まんのう町中通

 香川県まんのう町内で、羽の白いカラスが見つかった。通常の全身が黒いカラスに交じってひときわ目を引いており、地元で話題になっている。

 見つけたのは、香川県まんのう町中通の宮地さん(69)。自宅近くでは、黒いカラスとともに羽の一部が白いカラスが複数生息。周辺の林を飛んだり、木の枝に止まって羽を休める様子が見られる。

 宮地さんが白いカラスに気付いたのは2年前の春。昨年は確認できなかったが、ことしも春になって再び姿を見せるようになったといい、「驚いて近所の人に話しても、初めは誰も信じてくれなかった。元気にしているか眺めるのが楽しみ」と目を細めている。

 日本鳥類保護連盟専門委員の岡さん(62)=香川県綾川町=によると、このカラスはハシボソガラスで、遺伝子異常により部分白化したアルビノ個体。体の大きさなどから、ことし春先に生まれた幼鳥で、同じ親の卵からかえったきょうだいとみられる。

羽の白いカラス発見、町の話題に/まんのう―四国新聞社


続き →

強風で壊れたツバメの巣、ダンボール箱の仮住まいで子育て中 /和歌山県田辺市 

1 :依頼205@御珠屋φ ★ 投稿日:2009/05/31(日) 22:57:00 ID:??? ?2BP(5555)

ダンボールのツバメの巣

 和歌山県田辺市湊、JR紀伊田辺駅前のラーメン店軒先にあったツバメの巣が28日、強風で地面に落ちてしまった。中にひながいたため、近くの店員らが協力し栄養ドリンクの箱で即席の巣を作って元の場所に戻した。親ツバメも帰り、関係者は巣立ちを見守っている。

 28日午前11時すぎ、地面に落ちていた巣をラーメン店の客が見つけ、隣の土産物店に連絡した。巣の中でひなが3羽生きていた。

 土産物店の従業員西嶋明美さん(62)が、常務の山中龍男さん(69)=同市朝日ケ丘=らに相談。山中さんが栄養ドリンクの箱を持参し、元の場所に両面テープなどで取り付けた。
しばらくすると、親ツバメも戻ってきて、元通り餌を与え始めた。

 ツバメは毎年、この場所に巣作りしており、西嶋さんは「ニュースで育児放棄が報じられる現代、ツバメは必死になって子を育てている。人間も見習うべき点があるのではないか」と話した。

AGARA紀伊民報 09/05/31



続き →

カルガモ親子 住宅街を行進、住民大騒ぎ /東京・練馬区 

1 :やるっきゃ騎士φ ★ 投稿日:2009/05/28(木) 11:42:40

カルガモ親子の大行進
住宅街を行進するカモの親子。近所の住民が誘導した(東京・練馬区で)

 
 そこのけ、そこのけ、カルガモ親子が通る――。
東京・練馬区の住宅街に27日、カルガモの親鳥と10羽のヒナが現れ、周辺の住民や通行人を巻きこんだ騒ぎになった。

 親子は民家の庭先や工事現場を軽快に行進。鳥獣保護法で捕獲が禁じられていることから、安易に手も出せず、近所の住民が手をたたいて親子を安全な場所に誘導しようと奮闘する姿も。
親子が落ち着いた先は、区内のお寺の池で、住民たちは胸をなで下ろしていた。


カルガモ親子、東京・練馬の住宅街を大行進…住民大騒ぎに : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)




続き →

スズメバチの巣にスズメ 蔵の軒先で子育て /岩手県 

1 :|ー゜)ノおやつφ ★ 投稿日:2009/05/17(日) 00:01:20 ID:???

巣に開けた穴から顔をのぞかせるスズメ 
巣に開けた穴から顔をのぞかせるスズメ

陸前高田市、熊谷獣医科医院の蔵の軒先にあるスズメバチの巣にスズメがすみ着き、話題になっている。

同医院の熊谷さんによると、今月上旬に二羽のスズメが出入りしているのを見つけた。昨年キイロスズメバチが作った古巣に出入り口を作り、中で子育てをしているという。

熊谷さんは「中の様子は分からないが、卵が入っているのではないか。
このような例は初めて見た。どういうきっかけでスズメバチの巣を利用したのか興味がある」と語っている。

岩手日報


続き →
検索フォーム
amazon
広告
リンク
FC2カウンター
ブログパーツ
あわせて読みたいブログパーツ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。